Report in New Zealand|清水直行

  • Japanese
  • English
清水直行
清水直行
2014年07月01日 [レポート]
もう、多くのみなさんがご存知だと思いますが、土曜日(6月28日)、QVCマリンフィールドで千葉ロッテマリーンズ対オリックス・バファローズの試合前に、私の引退セレモニーをやっていただきました。
当日は朝から雨が降っており、試合があるのかどうか心配でしたが、午後にはほぼ雨も上がり、無事に試合が行われました。セレモニーでは、マリーンズ在籍中、ずっと変わらぬ声援を送ってくださった、多くのファンのみなさんに、お別れの挨拶をすることができて、本当によかったです。
こういう機会を設けてくれた千葉ロッテマリーンズの選手、関係者の皆様、協力いただいたオリックス・バファローズのみなさん、横浜DeNAベイスターズのみなさん、そして何よりも、当日も大きな「直行コール」を送ってくださったファンのみなさんに、あらためて、「ありがとうございました」と言わせてください。

清水直行

自分自身、昨年末に引退の決断をし、3月に会見をさせてもらった時に、けじめをつけた気持ちではいましたが、心残りは長い間、清水直行に声援を送ってくださったファンのみなさんに、直接、お別れのあいさつができなかったこと。それが実現できただけで、もう、思い残すことはありません。

セレモニーのあいさつでも言わせていただきましたが、今後は、これまでとは違った形で野球人として精進し、貢献できるよう、頑張っていきたいと思います。
まずはいま、ニュージーランド・ベースボールのコーチとして、ニュージーランドの野球のレベルをどこまで高めていくことができるか、それが私に与えられた仕事です。
日本野球との懸け橋になって、技術交流、文化交流が果たせるよう、努力していきたいと思います。

4月末から約一ヶ月間、ニュージーランドに行って何をしていたのか、ご報告をしていなかったので、ここで少しお話ししておきたいと思います。

以前からお話ししていますが、南半球にあるニュージーランドは、日本とは逆で季節は秋から冬に向かうところ。今はウインタースポーツが盛りです。
野球はいわばオフシーズンであり、試合は行われていません。しかし、今年はU−15(15歳以下)のワールドカップが8月にメキシコで、秋にはU−12のカル・リプケントーナメントにも出場するので、その世代の練習が行われており、その練習を見て、求められれば、指導もしてきました。

 私は、強くなっていくためには多くの経験が必要と思っています。試合をすること、見ること、習うこと、それらの一つ一つが、ニュージーランドの子供たちにとって、とても大事なことと考えています。ですから、条件が許されるならば、それらの少年大会をはじめとして、いろんな大会に、さまざまな世代の選手たちを出していかなければならないと考えています。

 しかし、そこには問題があります。そうです。大会に出場するために資金です。
 これまでは、選手たちの親御さんたちがお金を出し合って、その遠征の滞在費や航空費を工面して、実現させてきました。そういった金銭的な負担をできるだけ減らせないものかと考えてきましたが、現実的にやはり、親御さんたちに頼るしかないのが現状です。
 スポンサードしてくれることを期待して、ニュージーランドでも、日本の企業をはじめ、いくつかの企業とも話はしてきましたが、いきなり飛び入りで言って、「はい、OK」と言ってくれる企業は、あたり前のことですが、簡単に見つかるはずもありません。
 今後、オリンピックに野球競技が復活するということになれば、ニュージーランドのスポーツ省などが、多少なりとも資金面でサポートするという形になってくれる可能性があるのではないかと、期待は持っています。
 そういったサポートを期待しながら、個人的には、日本との交流、合同練習や交流試合というものができるように、環境づくりの実現に向けて、会議や話し合いをたくさんしてきました。

 日本では、『清水直行、ニュージーランドのコーチ就任』となっているため、野球の技術指導だけやっているのではないか、と思っておられる方が多いようですが、むしろ、こういった話し合いや交渉事の方が多いのが現状です。
 予算のことを含めて、そういう活動を皆さんに理解していただいて、単発でもいいから、ちょっと支援してやろうかという企業や団体が一つでも出てきてくれることを、期待したいと思います。

 ニュージーランドと日本との交流については、私のそういう活動を理解してくれてのことだと思いますが、私がニュージーランドでの生活の拠点としているオークランド市にあるオークランド・ツーリズム(ニュージーランド政府の地方観光局)から話をいただいて、5月27日、観光親善大使に就任いたしました。
「オークランド」と聞くと、日本では多くの方が、アメリカのカリフォルニア州にあり、MLBアスレチックスの本拠地でもある「OAKLAND」を連想されると思いますが、ニュージーランドの「AUCKLAND」への認知を広げていって、野球はもちろんですが、ほかにもたくさんの観光につながる活動ができればと思っています。

 そういった活動の中から、さまざまな交流が生まれてくると思うし、実際に日本の子供たちとの交流が実現することになれば、それは、つまりは、野球文化の発展にもつながる。日本人、日本の子供たちにとっても、いろいろな国の子供たちと交流することで、いろんな刺激をもらえる。ニュージーランドの子供たちにとっては、僕だけでなくて、いろんな人から技術を学ぶチャンスにもなる。ぜひ、実現させたいと考えています。

このレポートやFacebookに、今後の活動についてもいろいろ書き記していきますので、たくさんのご理解、ご支援をいただければ、ありがたく思います。

では、今回はこの辺で。


清水直行

清水直行