プロフィール

1999年、千葉ロッテマリーンズ入団後、5年連続で規定投球回、2桁勝利を継続するなどの実力を評価され、野球日本代表に選出される。
アテネオリンピック銅メダル、第1回ワールド・ベースボール・クラシック優勝
日本トップクラスの投手として球界の歴史に名を残す。

現役を引退後は、日本の野球を世界に広めるべく、ニュージランドに移住
ニュージーランド野球連盟のゼネラルマネジャー補佐、同国代表のコーチに就任
両国の野球文化の発展と共に、自身もさらなる成長を続ける日々を送る。

野球選手のセカンドキャリアの道しるべとなり、国内外の野球の発展のために、引退後もなお挑戦を続けるパイオニアである。

経歴

 

 

 

©  清水直行公式サイト All Rights Reserved.
PAGE TOP