BLOG

くにまるジャパン極、2018年第一回目の放送のゲストとしてお呼びいただきました。

放送でお話しした事を振り返りたいと思います。

いつ、千葉ロッテコーチ就任を決めたか

球団からコーチ就任のオファーがあったのは、
シーズン終了間際の9月の末頃でした。

実は、新体制でのコーチ就任は
あまり予想していなかったので驚いたのですが。

いい機会を頂いたので、来年のことを白紙から考え、
投手コーチ就任に至りました。

ユニフォームの背番号は81番を選択しています。

「現役時代の背番号、18番をひっくり返したの?」

よく尋ねられるのですが・・

初めての監督経験となった
ニュージーランドU15代表チームを
率いたときも、81番のユニフォームを着ていました。

国際電話などで使用する
日本のナショナルコードは81です。

つまり、81というのは、日本を表す番号なのです。

海外にいても、海外のチームを率いても
自分が日本人であり、日本の野球に込められた
礼儀や謙虚さ、魂を忘れないために
自分自身を律するため、81番を着用していました。

今も、指導者としての初心を忘れないために
81番を選択しています。

井口監督との関係

2018年シーズンからロッテの一軍監督を務める井口監督と
同じユニフォームに袖を通すのは2回目です。

大学時代、自身は日大
1つ上の先輩にあたる井口監督は
青学で野球をやっていました。

実は、その大学時代に、選抜メンバーとして
井口監督と一緒にアメリカに遠征に行った経験があるのです。
そのとき、同じユニフォームに袖を通しました。

当時は、井口監督を見て
「すごい選手がいるな!」と衝撃を受けました。
現役時代も、プロ選手としてホークスで活躍しており
手強い相手だった記憶があります。

学生時代も、現役時代も
いい刺激を頂いており、不思議な縁がある人なので
これから一緒に、野球に関わっていくのが楽しみです。

長くなるので、次の記事にロッテコーチとして
何をやっていきたいか。
ラジオで語った内容を書きたいと思います。

後半はこちら